開いた天のふた。

ある森に大工の熊さんが居ました。熊さんは、いい腕をしていましたが、仕事がありませんでした。ある日の事、そこを狐が通りかかりました。狐は、熊に言いました。

「くよくよ悩んでいてもしようがない。一杯飲もうよ。」そういってお酒を飲みだしました。二人は、森の中で大騒ぎしました。そのうち熊が言いました。

「家が古く成っているから壊して作り直そうかな。」

狐は、

「そうだね。ついでに、他の家も壊しちゃえ」と、けしかけ森の家をどんどん壊しだしました。森は、大騒ぎです。

熊は、ふと気がつくと森の家をほとんど壊していました。シマッタ!どうしよう。

その時狐が言いました。

「僕が、けしかけたんだ。僕が責任を取るよ。」

そういって狐は、総理大臣に化けました。そして森の住人に言いました。「これから熊さんが、皆さんの家を建て直します。喜んでください。」

そういうと、森の家の材料と、必要なものを全てそろえました。

熊は、びっくりして気がつくと狐だと思ってお酒を飲んでいた相手は、神様だったのです。熊は、喜んで熊力(能力)を発揮して、森の家を全て建て直しました。

今井英人の物語集

人生で辛い時にフッと心に浮かんだ物語です。

0コメント

  • 1000 / 1000