独り旅

王様は独り旅に出かけました。

王宮に住んでいれば食べ物も地位も保証されるのに捨てました。

家族も一緒に連れて行きませんでした。

王様にはこれから起きる使命を感じて旅に出たのです。

旅先で身分を隠して働きました。

どういう訳か知らない人達が助けてくれます。

王様には品があったからです。

多くの女性に求婚されました。

他の人に無い懐の深さが有ったから、この人なら守って貰えると思われたのです。

王様は将来にかすかな希望を持って今日という一日を精一杯生きています。

これからどんな変化が起きるかわくわくしています。

今井英人の物語集

人生で辛い時にフッと心に浮かんだ物語です。

0コメント

  • 1000 / 1000